Entertainment 2017年02月14日 更新

皆さん、初めまして!!

三笠 雄一(みかさ ゆういち)と申します。

この度Ancar Channelさんより、コラムを投稿させていただくこととなりました。
よろしくお願いいたします。

今後、レースの事はもちろん!私生活の事や、その他もろもろ明るく、ポップな感じで記事を書いていけたらなと思っております。
ぶっちゃけた話、話をするより文章にするのが苦手なのでちょっと不安です…。(笑)

「三笠雄一」とは何者??

まずは、僕のことを知ってもらうために自己紹介をします!

生年月日は1993年3月9日、レミオロメンの名曲である「3月9日」と同じと覚えてくださいね!(笑)

出身は、餃子の街、栃木県宇都宮市です。

フォーミュラに乗り始めてからの成績です。

2012年 フォーミュラチャレンジジャパン(FCJ) シリーズ11位
2013年 フォーミュラチャレンジジャパン(FCJ) シリーズ9位
F4日本一決定戦 3位
2014年 F4東日本シリーズチャンピオン(6戦5勝2位1回)
F4地方選手権シリーズ グランドチャンピオン獲得
Red Bull Kart Fight Japan Final 準優勝 World Final日本代表獲得
2015年 FIA F4選手権 シリーズ14位
2016年 ポルシェカレラカップジャパン シリーズ2位(1勝)

モータースポーツを始めたきっかけ

自分がモータースポーツを始めたのは1歳の頃で、なんと初めてのマシンはソアラ4000GTです!

すみません。冗談です。(笑)

しかし、初めて乗った乗り物は、モトクロスバイクでした。

自転車に補助輪なしでいきなり乗れたらしく、その勢いのままモトクロスバイクになったらしのです。記憶にはないですが。(笑)

モトクロスバイクにもハマっていたのですが、
当時、父親が趣味でカートに乗っていまして、一緒に行きつけのカートショップに行った時に子供用のカートを見つけてしまったらしく、「これに乗りたい」と言ってそこからカートに乗りまんまとハマってしまいました。(笑)

親には、「見つけてほしくなかった」と今になって言われました。(笑)

漫画に影響されプロレーサーへ

実は、小さい頃はレーサーになることが夢ではなく、ただカートが楽しくて乗っていました。

レーサーになりたいと思ったのはすごく単純な理由からで、大学生1年生の時に大学近くのTSUTAYAでレース漫画のカペタを借りて読んだら、完全に影響されてしまいました。漫画が面白くてレーサーになろうと思ったのです。(笑)

その年は、全日本カート選手権に元F1ドライバーの高木虎之介さんのチームにサポートしていただき参戦していました。

カペタの影響もあり、フォーミュラカーに乗りたいという気持ちが強くなっていた頃、
カートでの走りを評価され、高木さんからトヨタのフォーミュラドライバーのオーディションイベント(FTRSフォーミュラトヨタレーシングスクール)に推薦していただき、練習もしなくぶっつけでオーデションに挑むこととなりました。

オーディションの結果は、まさかの合格!
翌年には地元の企業の方々やたくさんの方々に応援していただき、FCJ(フォーミュラチャレンジジャパン)にステップアップし、トヨタのドライバーとして参戦することができました。

フォーミュラに乗りたいと思って翌年に乗れたのは自分でも驚いていました。

フォーミュラに乗った時は、世の中に運転していてこんなに楽しい乗り物があるのかと思うぐらい惚れ込んでしまいました。

そして、2014年にはフォーミュラで初めてシリーズチャンピオンになることができました。
この時は純粋にうれしかったです!

去年からは、初めての舞台であるツーリングカー(ポルシェ)のシリーズに参戦しています。

次回は「三笠雄一の変なクセ?」

三笠雄一は何者かわかっていただけましたでしょうか?
次回は、レーサーの中でも唯一といえる僕の変わったクセについてお話したいと思います。

今後もプロのレーサーとして精進していきますので、応援よろしくお願いいたします!

 次の記事へ 

ランキング

おすすめの記事

新着記事

新着記事

タグ一覧

ページトップへ